なこちゃんの暇つぶし

日本語不自由

猪突猛進すぎて振られた話

私には好きな人がいた。彼(以下Tさん)は私のバイト先の違う部署の上司だった。

好きになったきっかけ。社員含め全員で行われたバイト先の飲み会の二次会での話だ。当時、片思いしていた人にこっぴどく振られ失恋したばかりだった私は、酒に強いわけでもないが濃いめのウーロンハイを煽っていた。酔うと投げやりになるタイプの人間なので、酒のおかわりのついでに、カウンターに座っていたTさんに話しかけた。話しかけた理由は特にない。職場ですれ違ったときに挨拶ぐらいしかしたことがなかったようなほぼ面識のない別部署の上司であるTさんに、ウーロンハイを何杯目かを飲み終えてウォッカ入りのパインジュースを飲んでいた無敵状態の私は「オナホール扱いでいいから男の人に優しくされたいどうしたらいいんですか」と意味不明な相談をしていた(ような記憶が微かにある)。Tさんは確実にドン引きしていただろう。しかしTさんはそんな私の話し相手をしてくれた。更に「自分を大事にしなさい...」と優しい言葉をかけてくれお水を渡してくれた。
ーー恋に落ちる音がした。
そう、なこちゃんはちょろいのである。
優しくされるとすぐ相手を好きになっちゃう女の子なのである。可哀想な人間である。

飲み会が終わってから、どんどんTさんへのトキメキが増していくのを感じていた。職場では自然とその姿を目で追ってしまう。相手の行動を先読みして偶然(偶然ではないが)すれ違えるように待ち構えていたり、Tさんのタイムカードをチェックして出勤退勤時間も把握していたり、軽度のストーカーになっていた。そういうことをしているうちに居ても立っても居られなくなり、持ち前の妙な行動力で連絡先を聞き、ご飯に誘った。相手は意外にもすんなり誘いにのってくれてあれよあれよと一緒にサシで飲みに行くことになった。

そしてXデーである。
2人で居酒屋へ行った。お酒を飲みつつ、お互いのことを話した(思い返せば初めてこのときまともに会話した)。
もちろん私が糞ストーカーメンヘラクソビッチだということは話さなかった。当たり障りのない、仕事の話や過去の恋愛話などで盛り上がった。きちんと会話することで、日々のストーカー行為では把握しきれない、Tさんの性格や仕事への姿勢がわかって更にTさんのことが好きになった。二時間ほどゆっくりお話ししたのち、店を出た。

そしてメロメロ状態の私は、会話したといえどまだお互いのことをよく知らないままなのに、バカなので帰り道に勢いで告白した。恋愛経験が実年齢に伴っていなかったためである。このような人間を生み出した社会を恨む。

結果振られた。Tさんは過去に女性関係で痛い目にあってそれがトラウマになっているらしい。詳細も聞いたが割愛する。それゆえ「今は仕事頑張りたいし女性と付き合うというのは無いかな」と言われた。そして「それとは別でやっぱり性欲はあるから寂しいけどね」と漏らした。

ーーこれ、フリじゃん。フリなの?いやフリだろ...いやもう振られたしなんかもうこれどうにでもなれ!
いつの間にやら"あかんパターン"の思考が私を支配していた。

「その相手、私じゃダメですか?」
Tさんは"は?"という顔をしていた。普通にびっくりしていた。どうやら先ほどの発言はフリじゃなかったらしい。この後エロ同人みたいになるんだと思っていた私は拍子抜けした。
「いや、え、あの、俺モテないし、付き合ってない女の子とセックスした経験ないし、え、」
戸惑うTさん。
「でもセックスしたいんでしょう???」
ヤケになりマンコを武器に迫る私。
「いやセックスはしたいけども今は女の子と付き合う気ないし、正直女の子なら誰でもいいみたいな状態だよ?嫌でしょ?」
Tさんのタバコを持つ手が震えていた。今この人マジで混乱しているんだなあとなんだか面白くなった。
「それにもし今セックスしたら、今後なこちゃんのこと彼女にするとかそういうの自体考えることができなくなるかもしれないよ」

ーーそういうのもあるのか。
考えてもいなかった。この時の私は"私なんかにそんな価値ないのに、この人はここまで考えてくれてるんだなあ〜"となんだか感動していた。
さっさとヤリ捨てしちゃえばいいのに。
でもさっきの言葉を私に伝えることによってもしセックスしてそのあと私と付き合わなかったとしても彼自身の中での言い訳になるから言ってきたのかな保身のためかなとか云々かんぬん考えてたらなんだかもう面倒くさくなった。とにかく好きな人とセックスしたいんだわたしは!好きな人がムラムラしているなら!こんなブスのマンコぐらいいくらでもさしだすわ!どうせ思い続けても上手くいかねーだろーしな!

完全に自暴自棄になっていた。好きな人に告白して上手くいったことがなかった私は、これがTさんとの最初で最後のセックスチャンスだと子宮で感じていたからだ。

「あああもうなんかよくわかんないけど好きとか付き合うとか無しでこれはこれそれはそれで今日は今日ということでとりあえず私とセックスしましょう!!」
もはや破茶滅茶である。結構大きな声でセックスアピールをしてしまったが故に自転車で通りすがったおじさんが一瞬こっちを見た。

「...女の子にここまで言わせてしまったしな...」
Tさんは覚悟を決めた顔で私の手を引いて歩みだした。そして2人はホテル街に消えたのであった。

✴︎

その後も半年以上、私はラインやら差し入れやらの正攻法で相手にアタックし続けていたのだが、相手の反応がどんどん冷たくなっていって、私の求愛行動が相手の迷惑になってしまってるように感じて諦めた。

そして今はTさんには彼女がいるらしい。
"女性へのトラウマとはなんだったのか"と憤りを感じていた私だったのだが、偶然Tさんの彼女と接する機会があり、私は打ちのめされた。彼女は、特別美人とか可愛いとかはないけれども性格が良さそうでなにより前向きでキラキラしていて、私とは正反対の人物であったのだ。勝ち目がない。

帰って泣いた。